仮想通貨「COMSA」について

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が発表した「COMSA」が注目されています。

10月2日のトークンセールに向けて、「COMSA」購入のための登録が、初日で1万人を超えたというニュースも出ており、関心の高さが伺えます。

仮想通貨のICOについては、世界中で毎月何十、何百と行われていますが、中には怪しいものも多く、現在は玉石混合といった感じです。
そんな中で、「COMSA」はテックビューロ社が開発しており、またそのICO評議会には、インフォテリア、メタップス、さくらインターネット、マネーパートナーズといった上場企業の役員が顔を並べ、日本のICOではこれ以上ない信用力があります。

今後、この「COMSA」が日本における、そして世界におけるICOのスタンダードとなれば、その企業価値は相当なものになることが考えられ、将来が楽しみなプロジェクトとなりそうです。

↓「COMSA」を使用した企業のICOトークン発行スキーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です