ビットコインキャッシュ(BCH)が本命となる可能性

ここに来てビットコインキャッシュ(BCH)が急に注目され始め、一説ではビットコインキャッシュが「真のビットコイン」になるという声も出て来ています。

本家ビットコインが、11月に新たなハードフォーク(分裂)を起こした場合、以下4種類が競合することとなります。
※12月にはビットコインシルバーが誕生する可能性もあります。

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコインゴールド(BTG)
ビットコインb2x(B2X)

これだけでは何だかよく分かりませんが、ポイントを挙げると以下のようになります。

① BTCとBTGにはSegwitが入っており、ASICBOOSTが使えないのでマイナーからは好かれていない
② B2X(11月予定)は開発者がたった一人で、Mt.Gox破綻の関係者との繋がりが噂されたりしていて、信用度が低い
③ BTCはブロックサイズ1MBでスケーラビリティに問題があるのに対して、4種類の中で最大の8MBのサイズがあるBCHには優位性がある

という事情もあり、マイナーが徐々にビットコインキャッシュ(BCH)にシフトしてきている気配があります。
この先さらにBCHの価格が上昇してくるようだと、一挙に流れが変わる可能性もあるかもしれません。

 

国内取引所での口座開設はコインチェックがおすすめです。
無料登録はこちら → コインチェックへ

CM放送開始で話題沸騰、初心者でも使いやすいコインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です