Litecoin(ライトコイン)とは?

Litecoin(ライトコイン)とは

ライトコインはビットコインと基本的な仕組みはほぼ同じですが、 ビットコインより流通量が多く、採掘や取引も労力がかからない設計になっていて、流通や取引で利用しやすくすることを目的に開発された仮想通貨です。
ビットコインのブロック生成時間が約10分で、埋蔵量は約2100万枚なのに対して、ライトコインではそれぞれ約2.5分、8400万枚となっています。

その他の特徴としては、データ量増加による決済速度の遅延問題を解消できるSegwit(セグウィット)を、ビットコインより先に導入しています。

 

ライトコインの歴史

ビットコインは開発者が分かっていないのに対して、ライトコインは元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって開発されたことが判明しています。仮想通貨の中ではビットコインの次に歴史が古い通貨です。
チャーリー・リー氏は、「ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀を目指す」という目的で開発したと語っています。

 

ビットコインとの比較

ビットコインとの主な違いは以下となります。

種類 ライトコイン ビットコイン
埋蔵量 8400万枚 2100万枚
発掘難易度 低い 高い
アルコリズム Scrypt SHA-256
ブロック生成 2.5分 10分
決済スピード 2.5分 10分
安全性 低い 高い

採掘(マイニング)については、ビットコインの採掘は難易度が高く、スーパーコンピューター並みのマシンがなければ難しいのに対し、ライトコインはマイニング作業に労力をあまり必要とせず、一般的なCPUで行うことも可能です。

 

Segwit(セグウィット)の導入

セグウィットとは、トランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする技術のことです。
仮想通貨の課題である「スケーラビリティ問題」(データー量増大に伴う決済速度の遅延)を解決できる技術として期待されているのですが、セグウィット導入には大きな障壁があり、ほとんどの通貨が導入できていないのが現状です。

導入できていない一番の理由は、マイナーが反対しているためです。
セグウィットを導入すれば、マイナーはセグウィット対応のコンピューターに買い換えなければいけないため、この追加コストを嫌がるマイナーが大半を占めています。

しかし、導入が難しいと言われている中でも、ライトコインは75%のマイナーの賛同を得てセグウィットの導入を実現しています。

 

ライトコインの将来性

今まではライトコインはビットコインと機能が類似していたため、アルトコインの中では大して注目はされていませんでした。
ただ最近では、ビットコインのハードフォークによる分裂の不安などから、ライトコイン決済を望む人が徐々に増えてきています。
ビットコインキャッシュの動きが落ち着いてきたこともあり、そろそろライトコインが注目を集めるようになるかもしれません。

 

ライトコインを取引するには?

ライトコインは国内取引所のコインチェックで購入が可能です。
海外取引所で購入する場合でも、国内で口座開設してからBTCなどで送金する必要がありますので、まず国内取引所(コインチェックやZaif等)で口座開設することをお勧めします。

 

初めての仮想通貨取引ならコインチェックがおすすめ
無料登録はこちら → コインチェックへ

CM放送開始で話題沸騰、初心者でも使いやすいコインチェック

 

無料登録はこちら → Zaifのサイトへ

NEMやモナコインを入手するなら、手数料の安いZaif取引所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です