Tether(テザー)のハッキング被害? Tetherとは?

今日は昼頃にビットコインが急落しました(過去に何度も急落していますが・・・)
今回の急落は、Tether(テザー)がハッキングされて3000万ドル(約34億円)の不正送金被害を受けた!?ニュースと関係あるようです。
一部ネット上では、Tetherのハッキング被害に関連する動きが、MTGOX破綻時の状況に似ている⁈と噂になり、それまで上昇を続けていたビットコインが急落するなど、値動きの荒い展開となりました。

ビットコインを始め、仮想通貨は常にこのようなニュースで騰落を繰り返す傾向があります。ただ、たいていは時間が経てば値を戻し、最高値を更新してくるというサイクルに戻っています。現在の上昇トレンドが続く限り、急落局面では買いなのかもしれません。
ちなみに、今回問題となっているTether(テザー)は、他の仮想通貨と少し異なり、法定通貨と連動するという特徴を持った特別な通貨です。

 

Tether(テザー)とは?

テザーは、ブロックチェーンの利点と機能性を維持しつつ、法定通貨と連動(ペッグ)した価値を持つ仮想通貨です。
発行されるテザーは全て同額の法定通貨によって完全に裏付けられていて、米ドル、日本円などの法定通貨としての価値はそのままにデジタル化したものと言えます。

 

暗号通貨と法定通貨のメリットを兼ね備える

通常、法定通貨を既存のネットワーク上で取引するには、金融機関のシステムを経由する必要があり、ATMの利用時間や手数料などの制約を受けます。
一方、ビットコインなどの仮想通貨はいつでも少額手数料での取引が可能ですが、実物資産による裏付けがなく価値が不安定でした。

テザーは、ビットコインのブロックチェーン上に記録されるトークンなので、銀行より安全に価値を保存することが可能で、少額の取引手数料で送金することもできます。
そして法定通貨という裏付けがあるため、ビットコインなど他の仮想通貨に比べて安定した価値を実現しています。

具体的には1USDT(USDテザー)は1USDに等価となるように設定されています。

 

Proof of Reserve(プルーフ・オブ・リザーブ)とは?

テザーが保有する法定通貨と同額のテザーを発行するプロセスは、Proof of Reserves(プルーフ・オブ・リザーブ)というシステムによって担保されています。
新規テザーの発行と法定通貨の管理は、運営母体であるTether Limitedが行っています。

ユーザーが、Tether Limitedの保有する口座に法定通貨を入金すると、同額のテザーが発行され、ユーザーのテザー口座に入金されます。
逆にユーザーが、Tether Limitedにテザーを入金するとテザーは無くなり、Tether Limitedから同額の法定通貨がユーザーの口座へと振り込まれます。

このようにして、Tether Limitedに入金された法定通貨は発行されたテザーと常に同額となるように維持され、その入金された法定通貨の総額は常に公式サイトに掲載されており、専門家による監査も頻繁に受けており、透明性が保たれています。

 

カウンターパーティーリスク

Tether Limitedはユーザーが預けた法定通貨を管理しテザーを発行していますが、もしハッキングなどによって、法定通貨が盗まれたり持ち逃げされたりした場合はどうなるのでしょうか?
その場合は、発行されたテザーと保有する法定通貨の総量のバランスが崩れてしまうため、Tether Limitedは両者の交換を保証できなくなります。
このように、テザーには資産を預けた相手が契約不履行に陥る「カウンターパーティリスク」が存在している点に注意する必要があります。

 

テザーの将来性

ビットコインを始めとした多くの仮想通貨は、価値が不安定であることから、通貨としては少し使いづらいというのが課題でした。テザーはこれを法定通貨にペッグすることで解決しています。
高度なセキュリティシステムを導入し、カウンターパーティリスクを可能な限り抑えることができれば、テザーを安心して使えるようになり、さらに利用は広まると思われます。

また、一部の取引所ではテザーをビットコイン(BTC)の代替の基軸通貨として取り扱っているところも出てきています。

 

テザーを利用するには

テザーは国内取引所には上場していないため、購入するには海外取引所で取引する必要があります。

テザーの取扱いがあるのは海外大手取引所のHitBTCなどです。
無料登録はこちら → HitBTCのサイトへ

HitBTCの口座開設に関する詳しい説明はこちら

 

ただ、これから初めて仮想通貨取引を行う場合は、まず日本の仮想通貨取引所で口座を開設し、ビットコインやイーサリアムなどの通貨を日本円で購入しておく必要があります。
※ HitBTC口座への預入れには、ビットコインやイーサリアムで送金する必要があるため

国内取引所で初めて口座開設するならコインチェックがおすすめです。
無料登録はこちら → コインチェックへ

CM放送開始で話題沸騰、初心者でも使いやすいコインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です