Ethereum(イーサリアム)とは? イーサリアムの4段階進化

Ethereum(イーサリアム)とは?

イーサリアム誕生の背景には、イーサリアム・プロジェクトという計画・組織が存在があります。そして、この計画の実現のために生み出されたアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称が、イーサリアムと呼ばれています。
そのため、多くの人がイーサリアムを仮想通貨の名称だと誤解していますが、正式な仮想通貨の名称はETH(イーサ)です。

イーサリアム・プロジェクトの目的は、ETH(イーサ)という仮想通貨を用いることで、スマート・コントラクトというITの新契約システム等を実現し、より良い社会を実現させることにあります。
ビットコインが仮想通貨の始まりで、バージョン1.0と呼ばれるのに対し、イーサリアムはバージョン2.0と呼ばれ、仮想通貨の先にあるスマート・コントラクトの実現のために存在し、他の仮想通貨とは一線を画しています。

 

スマート・コントラクトとアカウント

イーサリアム・プロジェクトの目的のひとつであるスマート・コントラクトは、アカウントというシステムと深い関係があります。
イーサリアムでは、ETH(イーサ)の残高情報等がブロックチェーンに直接記録されており、それを支えているのがアカウントと呼ばれるシステムです。

このアカウントは2つの領域に分割され、通常の送金などに使用してユーザーが管理できるEOAアカウントと、プログラムコードによって管理されるスマート・コントラクト実行用のコントラクトアカウントの2種類があります。
イーサリアムのアップデートは、このスマート・コントラクトの実現に向けたアカウント関連システムの改修を行うために行われています。

 

4段階の開発アップデート

イーサリアムには、もともと4段階のアップデートが予定されていて、徐々にイーサリアムを進化させていくように計画されています。

1. Frontier(フロンティア)   — テスト版
2. Homestead(ホームステッド)   — 様々な企業が利用
3. Metropolis(メトロポリス)   — 機能強化、一般ユーザーも利用可能
4. Serenity(セレニティ) — 最終段階

 

第1段階 Frontier(フロンティア) ←既に終了

Frontierは開発者・技術者向けのテスト版プラットフォームで、バグなどの問題があれば開発チームによるブロックチェーンの巻き戻しが行われるなど、あくまでも開発者用の実験段階のためのリリースとされています。
目的は今後の安全なプラットフォームの提供で、gethと呼ばれるコマンドラインのみで操作が可能となっていました。

 

第2段階 Homestead(ホームステッド) ←既に終了

Homesteadは、第1段階フロンティアの安定版で、イーサリアムの取引手数料の引き上げや、ブロックチェーンの分岐を防ぐための採掘難易度調整、それらの運用ルールの修正などが実行されました。
これにより安定的なプラットフォームが開発され、多くの企業やプロジェクトがイーサリアムを利用したアプリケーションの開発を行うことが可能となりました。

 

第3段階 Metropolis(メトロポリス) ←いまココ

Metropolisは、公式のプラットフォームを直観的に操作できるようにするデザイン変更で、一般ユーザー向けウォレットの安定版のリリースなども含まれています。
イーサリアムの一般ユーザー向け公式版リリースとも言われ、このアップデートの後、イーサリアムの普及が急速に進むと考えられています。

なお、第3段階は前半後半の2回に分けて実施される予定です。

前半 Byzanthium(ビザンティウム) ←2017年10月17日無事終了
後半 Constantinople(コンスタンチノープル) ←2018年(未定)

ビザンティウムによって変更された点は以下となります。

1. Zcashがもつzk-SNARKという技術の導入で、取引の匿名性を強化
2. スマートコントラクトの組込みを簡素化
3. セキュリティの強化
4. 決済速度の改善
5. 第4段階Serenityのための準備

後半のコンスタンティノープルについては、導入時期を含めて詳細はまだ明らかになっていません。

 

第4段階 Serenity(セレニティ) ←時期未定

第4段階目のSerenityの主なアップデートは、ブロック承認方式の変更です。
これまでのProof of Workという承認方法から、キャスパーと呼ばれる独自のProof of Stakeへの変更が予定されています。
Proof of Stakeとは、仮想通貨の保有量が多いほど採掘の成功確率が上昇するという承認方式のことです。

この変更においては、マイナーのマシンがこれまでと同じようには使えなくなることが問題視されています。
承認方式が変わればマイニング用マシンの変更が必要となりますが、マイニングマシンには既に莫大なコストがかかっているケースも多く、新たに専用のマシンを用意するのは大きな負担となります。
既存のマイナーの中にはこのアップデートに反対する者が多く、このまま理解が得られなければ、イーサリアムの取引自体ができなくなる可能性もあります。

そのため、最後のアップデートが一番のヤマ場となり、市場が乱高下することも予想されており注意が必要です。

 

イーサリアム(イーサ)を購入するには?

イーサリアムは仮想通貨取引所での基軸通貨として採用されていたり、また多くのICOで利用されているため、大半の国内取引所で取り扱われています。

これから取引を始める方は、手数料が安くてお得に取引できる国内取引所Zaifで口座開設することをお勧めします。

無料登録はこちら → Zaifのサイトへ

NEMやモナコインを入手するなら、手数料の安いZaif取引所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です