2018年 注目の仮想通貨、買っておくべきアルトコインは?

2017年は仮想通貨にとって大きな飛躍の年となりましたが、仮想通貨は既に1000種類以上も出てきており、玉石混合感は否めません。

2018年には徐々にアルトコインの選別が始まり、消えていく(価値がなくなる)コインも出てくると思われますが、有望なコインにはまだまだ成長の余地はありそうです。

そこで、2018年に飛躍が見込めそうなアルトコインをいくつか選んでみました。

 

2018年、上昇が期待できるアルトコイン10選

 

1.   NEM(XEM)ネム

国内取引所でも多く扱われており、日本人に人気の仮想通貨です。
NEMはもともとプラットフォームプロジェクトであるため、NEM上で稼働するサービスを増やしていけるが今後のカギとなります。

NEM上でのICOなど、プラットフォーム利用が更に進めば、NEM経済圏の広がりとともに、自然と価格も上昇することになると思われます。

 

2.   Waves(WAVES)ウェーブス

Wavesは、Scalaというプログラム言語で開発された独自のブロックチェーンを持つ分散型金融取引プラットフォームでです。
Wavesのプラットフォーム上では、新たなトークンを発行しICOをすることが可能です。

既に、バーガーキングがWaves上でトークン発行していたりと、実用化が競合に比べてかなり先行している感があります。

 

3.   TRON(TRX)トロン

TRONはエンターテイメントに特化したプラットフォームです。
既にシェアリング自転車のObikeと台湾で提携していたり、Peiwoと呼ばれる中国の音楽ストリーミングサービスに導入されていたりと話題が豊富です。
今後大きな提携ニュースなどが飛び込んでくれば、まだまだ大きく伸びそうです。

 

4.   NEO(NEO)ネオ

中国版イーサリアムとも呼ばれています。
中国で仮想通貨プラットフォームとしての位置を確立しつつあり、仮想通貨投資のブームが続くようであれば、まだまだ成長の余地はありそうです。

 

5.   Aidos Kuneen(ADK)アイドス・クニーン

リトアニアの銀行と提携するなどして、匿名性の高いオフショア銀行を目指しています。

ADKはブロックチェーンとは異なる「iMesh」という技術を採用していて、この「iMesh」はDAG(有向非循環グラフ)技術を応用して作られています。
DAG系の通貨ではアイオタ(IOTA)の暴騰が記憶に新しく、2018年はDAG系の通貨について注目が集まるかもしれません。

現在、ADKは自社運営のAidos Marketでしか扱われておらず、その点が不安材料ですが、逆に考えれば大手取引所へ上場することで、さらに値を伸ばすことになるかもしれません。

 

6.   OmiseGO(OMG)オミセゴー

OmiseGOは、東南アジアで展開しているオンライン決済のプラットフォームで、Omiseの代表は長谷川潤という日本人です。
OmiseにはSBIグループやSMBCも出資しており、日本での注目も高く、今後の事業が具体化していくことで、OmiseGOの価値も高まってくると思われます。

 

7.   TenX(PAY)テンエックス

ウォレットにビットコインやアルトコインをデポジットしておき、キャッシュカード決済ができるサービスです。
従来のデポジット型のサービスと違い、TenXはその時のレートでリアルタイムに決済できるのが特徴です。
VISA、Mastrerロゴのカードがリリースされば、注目度はさらに高まり、大きく飛躍することになると思われます。

 

8.   0x(ZRX) ゼロエックス

0xは分散型取引所(DEX)の課題である高速化をオフチェーンで取り組んでいるプロジェクトで、イーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換することが可能です。
今後もイーサリアムトークン(ERC20)は増え続ける可能性は高く、0xのような分散型取引所のニーズは高まってくると予想されます。

 

9.   Ark(ARK)アーク

アークは仮想通貨Liskから分裂して生まれたコインで、日常生活において簡単に仮想通貨を使えるようにするという目的で開発されており、ユーザーフレンドリーなプラットフォームが特徴です。

Smart Brigdgeという機能があり、ビットコイン、イーサリアム、Liskなどの異なるブロックチェーン間を、全て統一のプラットフォームを介してつなぐことが可能です。

ウェアラブル端末などの開発も進められており、実用性の高いプロダクトが発表されれば、大きく注目される可能性もありそうです。

 

10.   ETHLend(LEND)イーサレンド

イーサレンドは、銀行を経由せずにERC20トークンを担保に貸し借りができるプラットフォームです。
ブロックチェーン技術を用いることで、スピード融資、仲介者不在の取引、手数料の削減、取引の透明性の確保が可能となります。

資本や信用の小さい若者や発展途上国の人々が、審査の厳しい既存の金融機関とは別の資金調達手段となり得るため、レンディング分野に大きな変革をもたらす可能性があります。

 

このような仮想通貨への投資は早く参入すればするほど有利な状態です。

「通貨革命」と呼ばれる大きな波に乗って資産を増やしていくには、まずは取引所で口座開設することがスタートポイントとなります。

国内取引所での口座開設はビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ

仮想通貨取引量で日本最大のビットフライヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です