仮想通貨Ark(ARK)とは? その将来性について

Ark(ARK)アークとは?

Ark(ARK)アークは2017年3月に取引が開始された通貨で、仮想通貨Lisk(リスク)から分裂して生まれたコインです。そのため、Liskに採用されている多くの機能を有しています。

 

Ark(ARK)の目的

ARKは日常生活において、簡単に仮想通貨を使えるようにするという目的で開発されており、ユーザーフレンドリーなプラットフォームが特徴です。
仮想通貨では、ブロックチェーンやスマートコントラクトといった独自機能の開発が行われているものの、一般消費者のための機能はあまり開発されていません。そんな中で、Arkは普通の人が普通に使える仮想通貨を目指しています。

Arkではブロック生成時間8秒という高速取引が可能で、ビットコインで問題になった取引遅延の問題が発生しないように対策されています。
また、日常生活での利便性を向上させるため、オフ・チェーン・トランザクションの管理機能を備えたカードの発行や、カード以外にもウェアラブル端末などのハードウェアも提供する予定となっています。

 

Ark(ARK)アークの特長

1.  SmartBridge スマートブリッジ

SmartBrigeはブロックチェーン同士をブリッジする機能で、ブリッジとして検証済みのブロックチェーン間で通信を行って、タスクや高度な機能を実行することが可能です。

ビットコイン、イーサリアム、LISK、その他の匿名ネットワークなどの間でもやり取りが可能で、異なるブロックチェーン間を全て統一のプラットフォームを介して繋げることができるようになります。

 

2.  DPoSアルゴリズム

ARKでは他のDPoSコンセンサスモデルよりも分散化された投票システムを採用しています。
従来のDPoSでは、通貨保有量が増えるほど投票数が増えるので、ネットワークで支配的な存在になることが可能でした。Arkのシステムでは投票数の重みを修正する手法が採用されているため、ネットワーク全体を乗っ取られる危険性がほぼ無くなっています。

 

Ark(ARK)の価格推移・今後の見通し

2018年1月3日時点のArk(ARK)の価格は約880円で、時価総額は約850億円です。
12月の急伸後、ややレンジ相場を形成していますが、今後の伸びに期待したいところです。

 

Ark(ARK)アークを購入する方法

現時点では、ARKは国内取引所には上場していないため、購入するには海外取引所で口座を開く必要があります。

ただ、これから初めて仮想通貨取引を行う場合は、まず日本の仮想通貨取引所で口座を開設して、ビットコインやイーサリアムなどの通貨を日本円で購入する必要があります。
※ 海外の取引口座には、ビットコインやイーサリアムの仮想通貨で送金します

 

国内取引所での口座開設にはコインチェックがおすすめです。
無料登録はこちら → コインチェックへ

CM放送開始で話題沸騰、初心者でも使いやすいコインチェック

 

それから海外取引所での口座開設になりますが、おすすめなのは取引量で世界トップクラスのBINANCEで、比較的簡単に口座開設・取引ができます。

無料登録はこちら → BINANCEのサイトへ

いろんな種類のアルトコインをお得に取引できる取引所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です