仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンとは? その将来性について

Aidos Kuneen(ADK)とは

Aidos Kuneen(ADK)はプラットフォーム系の仮想通貨とは異なり、いわゆる「通貨」として使用されることを目的として開発されています。

2017年の6月に公開され、通貨の最大発行枚数は2500万枚で、現在流通している通貨は1000万枚です。

 

Aidos Kuneen(ADK)の特徴

 

1.  優れた匿名性

AIdos Kuneenは「I2P」と呼ばれる技術により匿名性が保護されています。
また「AKshuffle」というものを実装することで取引を不可視化し、取引を追跡することを不可能としています。

 

2.  DAG系通貨

AIdos KuneenはDAG系の通貨で、ビットコインのようなブロックチェーン技術ではなく、「iMesh」という技術を採用しています。
iMeshはDAG技術を応用したもので、取引の記録が網目状に繋げられています。このDAG技術を採用することで、ブロックチェーン系の仮想通貨が抱えている「スケーラビリティ」の問題を解決しています。

 

3.  手数料ゼロ

Aidos Kuneenはブロックチェーンを使用しないため、送金時のトランザクション手数料がほぼ無料となります。
そのため、少額の取引を何度も行う「マイクロトランザクション」での使用に適していると言えます。

 

4.  日本人コミュニティの存在

2017年8月頃から、日本のインフルエンサー達がTwitterやブログなどでADKを紹介したことで知名度が大きく上昇し、値上がりに繋がっています。
このように、コミュニティが活発であればあるほど、仮想通貨の成長に大きく貢献することになると思われます。

 

5.  Aidos Kuneen代表リカルド氏(通称:ドン)

リカルド氏はAidos財団の創設者で、16年以上オフショア銀行、金融機関の職員として活動していたキャリアがあります。

過去に取引所のハッキング問題が発生した時に、リカルド氏は「ADK口座を凍結してしまった取引所CryptoDAOは信用できないので、代わりにウォレットに保管するように」とアナウンスし、わずか1ヶ月でADKを扱う自前の取引所「Aidos Market」を構築してしまい、運営を始めています。

 

Aidos Kuneen(ADK)の将来性について

Aidos Kuneenは積極的に出資や提携交渉に着手しており、いつくかの案件が具体化してきています。

 

1.  リトアニアの銀行と提携

リトアニアのMr.タンゴ銀行と提携し、ADKコインをフィアット(法定通貨)に両替することを可能にすると発表しました。
また、Mr.タンゴ銀行傘下にあるBTC_exchangeにてADKの取扱いが始まるとの予測も出ています。

 

2.  オンラインカジノで使用可能に

オンラインカジノを手がける、BitcoinRushがADKコインをサポート開始しました。
これにより、ADKでカジノとスポーツブックの両方が利用できるようになります。

 

Aidos Kuneen(ADK)の購入方法

現在ADKを扱っている取引所は、自前の取引所「Aidos Market」のみです。
Aidos Market:https://aidosmarket.com/

Aidos Marketは日本円に対応していないため、ADKを購入するには、このAidos Marketのアカウントを作成し、自分のアカウントにビットコインを送金する必要があります。

これから初めて仮想通貨取引を行う場合は、まず日本の仮想通貨取引所で口座を開設し、ビットコインを日本円で購入する必要があります。

 

国内取引所での口座開設はビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ

仮想通貨取引量で日本最大のビットフライヤー

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です