Facebook、ザッカーバーグ氏の新年の抱負

Facebookが仮想通貨に参入⁉︎

Facebookも設立後しばらくは、怪しいネット企業という位置付けでしたが、ほんの数年で世界中の人が使うデファクトスタンダード的ポジションにまで成長しています。

そのFacebook代表のザッカーバーグ氏が仮想通貨を取り上げたということは、Facebbokのような革命的変化が仮想通貨にも起こりうると感じたからかもしれません。

そして、20億人以上というアクティブユーザーを抱えるFacebookが、仮想通貨やブロックチェーンの技術を統合してくるとなれば、仮想通貨の普及が爆発的に進むことになるかもしれません。

 

ザッカーバーグ氏の発言(2018年、新年の抱負より)

現在テクノロジーの世界で一番興味深い問題の一つが、中央集権と非中央集権の問題だ。
もともと、僕らがテクノロジーの世界に入ったのは、それが人々の手により大きな権力を与える非集権的な力となることを信じていたからだ。
しかし現状では、限られた数の大きなIT企業とテクノロジーを使って市民を監視する政府が目立つようになり、多くの人がテクノロジーが非中央集権する力ではなく、権力を特定の人に集中させるものだと思っている

さらに、

現在、このトレンドに逆流する重要なものがでてきている。
例えば暗号化技術と仮想通貨だ。これらは中央集権化されたシステムから権力を奪い人々の手に戻す。だがこれらはコントロールしにくいというリスクを伴う。
だからこれら技術のポジティブ・ネガティブ両側面とフェイスブックのサービスにどう活用できるかを深く研究したい。今年はとても自分を向上させるとても大事な一年となる。これらの問題を解決を通して学べることに期待している。

と述べています。

個人に発信力を与えてきたFacebookと、非中央集権的なブロックチェーンや仮想通貨との親和性は高いと思われ、Facebookの今後の展開に注目が集まることになるでしょう。

 

仮想通貨取引を始めてみる

仮想通貨の革命的変化を実感するには、まずは仮想通貨の取引を始めてみるのが一番分かりやすいでしょう。

現在のネット社会では変化のスピードが早く、変化に早く気づけば気づくほど有利になるという仕組みになっています。少しでも興味を持ったのであれば、まずは少額からでも取引を始めてみるのはいかがでしょうか?

 

日本の仮想通貨取引所

海外取引所もありますが、まずは言葉の壁やトラブル対応を考えれば日本語対応ができる国内取引所での口座開設が安心です。

国内大手の取引所では、アプリが使いやすく幅広い通貨を取り扱っている「Coincheck(コインチェック)」や、取引手数料が安い「Zaif(ザイフ)」などがおすすめです。

ただ、両社とも一長一短ありますので、リスクヘッジのためにも両社で登録(ともに無料)しておくと安心して取引することができます。

 

無料登録はこちら → Zaifのサイトへ

NEMやモナコインを入手するなら、手数料の安いZaif取引所

 

無料登録はこちら → コインチェックへ

CM放送開始で話題沸騰、初心者でも使いやすいコインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です