仮想通貨Raiden Network(RDN)ライデンネットワークとは? 将来性について

ライデンネットワークとは?

ライデンネットワークは、イーサリアムの機能を拡張するオープンソースプロジェクトで、通常の仮想通貨コインとは少し異なる性質を持っています。
ライデンネットワークは将来的にイーサリアムに活用される構想もあり、非常に注目されています。

 

ライデンネットワークの特徴

 

超高速決済

ライデンネットワークは超高速のスピード決済が特徴で、処理速度は現状のクレジットカードを大きく上回ると言われています。

今後、本格的にIOT機器が普及し、様々なトランザクションが増えれば、処理仕切れない事例が増えてくることが予想されます。ライデンネットワークはそのような問題を解決するための一つの大きな提案となります。

 

ERC20トークンに対応

イーサリアムを利用して作成されたトークン「ERC20」は、多くのICO(Initial Coin Offering)で使用されています。簡単にセキュリティの高い仮想通貨トークンを作成できることが人気を集めている理由です。

ライデンネットワークは、このERC20にも対応しているのが特徴で、無数に作成されるERC20のトークンを、ブロックチェーンの外でスピーディかつ安価に取引処理することが可能です。

 

オープンソース

ライデンネットワークにはオープンソースという優位性があり、世界中のプログラマーが開発に参加することが可能です。そのため、新たな改良点を常にアップデートしていくことができる仕組みになっています。

 

完成時期はいつ?

ライデンネットワークは、ビットコインやライトコインが取り組んでいるライトニングネットワークから着想を得ているとされいます。
このライトニングネットワークが完成するのは、かなり先だと言われているのに対して、ライデンネットワークは2018年中にも実現される可能性があります。

この技術がイーサリアムに加われば、イーサリアムの価値が飛躍的に向上する事は間違いなく、当然ライデンネットワーク自体の価値も上昇するものと思われます。

 

ライデンネットワークの価格推移・購入方法

ライデンネットワークは、昨年11月にICOで資金調達したばかりで右肩上がりで上昇を続けています。市場取引の歴史はまだ浅く、時価総額も400億円強と、将来的な成長可能性はまだ十分に盛り込まれていないものと思われます。

 

ライデンネットワークを購入する方法

ライデンネットワークは国内取引所には上場していないため、購入するには海外取引所で口座を開く必要があります。

ただ、これから初めて仮想通貨取引を行う場合は、まず日本の仮想通貨取引所で口座を開設し、ビットコインやイーサリアムなどの通貨を日本円で購入しておく必要があります。
※ 海外の取引口座には、ビットコインやイーサリアムの仮想通貨で送金します

仮想通貨の口座開設はビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ

仮想通貨取引量で日本最大のビットフライヤー

 

それから海外取引所での口座開設となりますが、おすすめなのは取扱量で世界トップクラスのBINANCEで、比較的簡単に口座開設・取引ができます。
無料登録はこちら → BINANCEのサイトへ

いろんな種類のアルトコインをお得に取引できる取引所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です