Weiss Ratings, LLCによる仮想通貨の格付けが始まる

米国で仮想通貨の格付けが始まる

金融機関の財務力についての格付けを行うWeiss Ratings, LLC社は、ビットコインなど仮想通貨の格付けを開始すると発表しています。

通常、国債などに関する格付けは、AAA(トリプルA)〜CCCのように順位付けがなされ、その安全性などが評価されています。

 

格付け開始は1月24日から

仮想通貨に対する格付けは1月24日から始まる予定です。
格付けはWeiss Cryptocurrency Ratingsと呼ばれ、主に各通貨の安全性について評価されるようです。

仮想通貨は取引環境や信用評価などについて、十分な管理体制ができているとは言えず、今回のWeiss Ratings社(米国でその独立性と信頼性が高く評価されています)の格付けにより、投資環境が改善されるだろうと期待されています。

1月24日に格付けが実施されるのは、以下の12通貨となる予定です。

1.  ビットコイン
2.  イーサリアム
3.  リップル
4.  ビットコインキャッシュ
5.  カルダノ
6.  ネム
7.  ライトコイン
8.  ステラ
9.  イオス
10.  トロン
11.  モネロ
12.  ビットコインゴールド

格付け対象となった仮想通貨に対しては、将来的に機関投資家からの投資資金流入も期待されるため、1月24日にどのような形で格付けが発表されるかが楽しみです。