コインチェックに激震!?これからどうなる?

NEMの入出金と売買が停止される

現在、国内大手取引所のコインチェックが大変なことになっています。
一部の情報では、コインチェックのものと思われるアドレスから、顧客預かり資産とみられる仮想通貨NEM(XEM)が5.4億XEM(日本円にして約620億円)が不正引き出しされた可能性があるとしています。

この情報を裏付けるかのように、コインチェックは1月26日に突然、NEM(XEM)の入出金を停止しました。なお、未だその理由は明らかにされていません。

 

ビットコイン他、アルトコイン が暴落

この情報を受けてネットでは情報が錯綜し、コインチェックが破綻するかも?という懸念に発展し、ビットコインや不正送金の被害対象となったNEM(XEM)などの仮想通貨が狼狽売りを受け、暴落しています。

 

さらに追い討ちをかけるようにコインチェック上場の全通貨が出金停止となったため、事態はさらに深刻化しています。

 

問題となっている取引所コインチェックが、金融庁からの認可をまだ得られていなかったことも、パニックに拍車をかける結果となったのかもしれません。

コインチェックからの正式発表はまだありませんので、不正送金・ハッキングではない可能性もあります。
早急に事態を沈静化させるために、コインチェックの早急な対応・発表を期待したいところです。

 

ハッキング対策について

取引所のハッキングについては個人レベルではどうしようもありませんが、個人でできるセキュリティ対策(2段階認証など)は最低限しっかりと設定しておく必要があります。
今一度、自身の口座のセキュリティ設定について、しっかり確認をしておいたほうが良いでしょう。

さらに、一定金額以上の通貨は取引所に保管するよりも、イーサリアムなら MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)、NEMなら NanoWallet(ナノ・ウォレット)といったウォレットに保管しておく方が安全だと思われます。

ハッキングはある日突然襲ってくるものです。できる限りの対策を心掛けて、被害にあわない、あるいは最小限に抑えられるようにしたいものです。