未来予測AI「WebBot」による予測 2018年のビットコイン価格はどうなる?

2018年はビットコイン暴落からのスタートとなりましたが、ビットコイン・仮想通貨の価格はこれからどうなるのでしょうか?

現在ビットコインの価格は、韓国などの仮想通貨の取引規制の影響もあり、最高値の240万円からは半値程度まで下落しています。
「暴落は買い」のスタンスで仮想通貨のトレードを続けても良いのか?不安になっている方も多いかもしれませんが、その将来をWebBot(ウェブボット)という未来予測AIは以下のように見ているようです。

 

WebBot(ウェブボット)とは?

WebBotというのは、元マイクロソフトのコンサルタントだったClif High氏が作成したAIプログラムです。
WebBotは、TwitterなどのSNSやインターネット上の不特定多数の発言を収集・分析して、価格が上昇するか下落するかを予測するプログラムです。

掲示板などの情報から、人の感情データまで読み取ることができると言われている優秀なAIプログラムで、今までにかなりの確率で予測を的中させています。(予測ですので、外していることもありますが)

 

WebBotの予測は的中する?

ビットコイン価格に関しては、WebBotは2017年の高騰を的中させています。
WebBotの予測AIの仕組みは、「ネガティブな情報が広がるとマイナスを予測し、ポジティブな情報が広がるとプラスを予測する」というように、人間の感情を元に分析がなされています。

株や投資信託と異なり、裏付けとなる資産・業績の乏しい仮想通貨の場合は、このような大衆の心理(強気か、弱気か)によって価格が左右される傾向が強く、WebBotの特性に合致しているとも考えられています。

そして、多くの投資家がWebBot予測を投資判断の一つとして利用しているため、結果として仮想通貨市場はWebBotの予測通りに推移していく傾向にあります。
これが WebBotの予測的中率を高めている理由の一つとも言えそうです。

言い換えれば、WebBot予測が的中するのは、AIプログラムが優秀であることに加えて、多くの投資家がその予測に誘導されて行動する傾向にあるからかもしれません。

 

2018年のビットコイン価格はどうなる?

WebBotの予測によると、2018年2月末にはビットコイン価格が150万円台になり、秋頃には220万円まで上昇するとされています。
結果論かもしれませんが、1月に入ってからの暴落で、2月末の150万円台という価格が現実味を帯びてきたように思えます。

さらに2018年内に、仮想通貨投資の世界人口が1.2%から13.8%まで拡大し、これによって710万円まで上昇後に1,100万円を突破するという強気予想もされています。

 

アルトコインの価格はどうなる?

WebBotによる、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の予測は以下のようになっています。

1.  ビットコインキャッシュ(BCH) ・・・ 2月~3月に高騰
2.  イーサリアム(ETH) ・・・ 比較的緩やかに上昇
3.  リップル(XRP) ・・・ 春にかけて上昇
4.  ダッシュ(DASH) ・・・ 2月末頃から高騰
5.  ネオ(NEO) ・・・ 1月から急速成長し、2月も上昇
6.  ライトコイン(LTC) ・・・ 緩やかに上昇
7.  スカイコイン(SKY) ・・・ 上昇

イーサリアムやリップルは、既に年初バブルで大幅に上昇していますが、ダッシュ(DASH)やネオ(NEO)は2月に向けて高騰・上昇してくるのかもしれません。

 

結論

WebBotは、AI予測そのもの精度の高さに加えて、それに追随する投資家の行動心理が大きく影響していると考えられます。
結果として、WebBotの予測が仮想通貨市場のトレンドを作り出しているとも言えるでしょう。

WebBotの予測に乗ってみるという場合は、WebBotの有料レポートを購入し、自らの目で全内容を確かめてみるのも良いかもしれません。
(ネットでもある程度の情報は手に入りますが、投資は自己責任となりますので)

 

仮想通貨の口座開設ならZaif(ザイフ)がおすすめです。
無料登録はこちら → Zaifのサイトへ

ビットコインを入手するなら、手数料の安いZaif取引所