コインチェック事件で注目を集めた、仮想通貨NEMとは?

コインチェックの補償方針と問題点

記者会見で検討中とされていたNEM保有者に対する補償については、「ハッキングされたNEM相当額を日本円で補償する」という方針がコインチェックから正式に発表され、市場は落ち着きを取り戻しつつあります。

そもそも今回の問題はNEM側に問題があるのではなく、セキュリティ対策が甘かった取引所側に主たる原因があるものと思われます。
NEM側の推奨する、「マルチシグ」と呼ばれる複数署名で送金を承認するシステムを実装していなかったり、ネットに常時接続する「ホットウォレット」に保管していたというところが問題として指摘されています。

 

NEM財団とNEM開発陣

今回の問題では、コインチェック側のずさんなセキュリティ対応に目がいきがちですが、一方でNEM財団の対応の素早さと、NEM開発陣のハッカー追跡能力に賞賛の声が寄せられています。

NEM開発者の一人は、すでに不正アクセスされたアカウントを特定し、資金移動を特定・監視するマーキングを打ち込み、犯人を追い詰めています。
この対応によって、犯人側が取引所で換金することはかなり難しくなっており、今後の展開が注目されています。

このような追跡や資金移動の監視は、現金決済では到底できない話ですが、仮想通貨の世界がそれが可能で、まさに新時代の通貨システムと言えるでしょう。

仮想通貨NEMは、カタパルトという大幅な機能向アップデートも控えており、今後さらに仮想通貨としてのスペックが飛躍的に向上すると言われています。
今回の事件で、図らずも注目されることになったNEMについて、少し紹介してみたいと思います。

 

NEM(XEM)ネムとは?

NEM(ネム)とは、New Economy Movementというプロジェクトの略称で、そのプロジェクト内で使われる通貨がXEM(ゼム)です。
低コストでセキュリティも高く、ビットコインの弱点を改善したビットコイン2.0とも称される仮想通貨です。

NEM(ネム)には「カタパルト」という大型アップデートが控えており、このカタパルトがアップデートされると、全通貨の中でもトップクラスの性能に進化すると考えられています。

 

NEM(ネム)の目的・目指すものとは?

NEM(ネム)は、金銭的な自由、分散化、平等などに基づき「新しい経済圏の創出」を目標に始まった仮想通貨プロジェクトです。

そしてNEM(ネム)は普通のお金(日本円)と異なり、”みんなが平等に稼げるような仕組みになっている”ことが非常に大きな特徴です。

 

承認システム「Ploof-of-Importance」とは?

普通、お金を稼ぐには「労働」が基本ですが、仮想通貨において「労働」にあたる作業が「マイニング」と呼ばれるものです。

承認システムというのは、このマイニング報酬の得やすさを決定する設定のようなもので、以下の3種類があります。

3タイプの承認システム

1 Proof-of-Work(PoW)
⇒仕事量(計算量)が多い人ほどマイニング報酬を得やすい仕組み

高性能スーパーコンピュータや人員を保有している大組織ほど有利で、計算量が勝負を分けるため、コンピュータにの電力消費が大きすぎることが問題視されています。
※ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどが採用
.

2 Proof-of-Stake(PoS)
⇒コイン保有量が多い人ほどマイニング報酬を得やすい仕組み

PoWのような電力問題は解消されるものの、結局は”金持ちほど有利”なシステムです。また、マイニングでの優位状態を保つために、マイナーたちがコインを大量保有し続けて手放さない(=コインの流動性が低下する)傾向になるのでは?という問題もあります。
※イーサリアムがPoWからPoSに変更される予定
.

3 Proof-of-Importance(PoI)
⇒コインに最も「貢献」している人ほど報酬を得やすい仕組み

「貢献」とは、コインの”保有量”だけではなく、コインの”使用量”も含めて総合的にスコアリングされ、スコアが高い人ほど報酬獲得率が高くなるよう設定されています。

電力も消費せず、また資金力にも左右されない、コインを積極的に使ってくれる人にほど報酬が与えられるという「平等」かつ「エコ」なシステムで、富の集中化も起きにくくなります。
※NEM(ネム)がPoIを採用
.

NEM(ネム)の場合、発行上限枚数の8,999,999,999XEM(90億枚)は発行済みなので、正確にはマイニングをすることはできません。
代わりに、NEM(ネム)取引の承認作業をしてくれる人に取引手数料が報酬として支払われ、これを「ハーベスティング(収穫)」と呼んでいます。
平等を謳う「PoI」を採用しているNEM(ネム)の場合、NEM(ネム)のネットワークに参加している人なら誰でもハーベスティングで報酬を得るチャンスがあります。

NEM(ネム)の取引承認は1分に1回行われていて、1分ごとにNEM(ネム)保有者の誰かにランダムでハーベスト報酬が与えられていています。
ちなみに、以下2つの条件を満たせば、誰でもハーベスティングに参加することができます。

1.  10,000XEM以上を保有
2.  Vested Balanceが10,000XEM以上

PoWを採用しているビットコインなどは、資金力がある業者や大企業でないとマイニング報酬が得られなくなっていますが、NEM(ネム)のハーベストは一個人でも平等に報酬を得る機会が与えられています。
こうしたNEM(ネム)の独自の「信念・理念」が、多くの人に愛される要因となっています。

 

NEM(ネム)はなぜ日本で人気があるのか

NEM(ネム)は時価総額10位内に入るほど人気の仮想通貨ですが、以下に示すように日本とも関係が深く、日本での取引量が特に多くなっています。

1.  NEM(ネム)開発チームの一人が日本人
2.  仮想通貨取引所Zaifの運営会社テックビューロと提携

国内取引所「Zaif(ザイフ」の運営会社であるテックビューロ株式会社は、NEM(ネム)の開発陣チームと提携して技術開発をしています。

 

カタパルト実装とNEMの将来性

NEM(ネム)の秘密兵器「カタパルト」とは?

「カタパルト」とは簡単に言うと、性能を大幅に向上させるアップデートのことで、上述のテックビューロ株式会社とNEM開発チームが開発を行っています。

現時点でもビットコインを上回る性能を誇るNEM(ネム)ですが、カタパルトが実装されると、全仮想通貨の中でもトップクラスのスペックに進化します。
カタパルト後の性能がどのくらい優れているかを「処理スピード」で比較してみると、以下のようになります。

◆ 1秒あたりの処理可能件数 ◆

ビットコイン          14件 / 秒
イーサリアム           15件 / 秒
リップル         1500件 / 秒
ネム(カタパルト後)   4000件 / 秒

「処理速度が圧倒的に早い」という理由で、銀行間の国際送金ネットワークに使われようとしている「Ripple(リップル)」よりも早く処理が可能となります。
それどころか、クレジットカード「VISA」の処理速度が5000件/秒ですので、「VISA」に並ぶほどのスペックになる見込みです。

また、カタパルト実装によってセキュリティ機能も大幅に向上すると言われており、NEMにカタパルトが実装されれば、今ある仮想通貨の中で最強スペックのコインになると言えるでしょう。

 

カタパルト実装はいつ?

カタパルトが実装されれば、NEM(ネム)の価格に大きな影響があると予想されるため、カタパルト実装までにはNEMを仕入れておきたいところです。
そして、肝心のカタパルト実装がいつになるのかというと、現時点で具体的な日時は発表されていません。

ただ、2017年8月時点でテックビューロ社長の朝山氏がtwitterにて「そろそろカタパルト公開への下地作りは終わりました」と発言しているので、最終調整段階に入っているものと思われます。
2018年の早い時期に、カタパルト実装の発表があると期待したいところです。

 

 

NEM(ネム)の購入方法

国内取引所でNEM(ネム)の取り扱いがあるのは、上述のテックビューロ社が運営する取引所Zaif(ザイフ)です。
今回、コインチェックが補償金額の算出に利用していたのも取引所Zaif(ザイフ)のレートでした。

仮想通貨への投資は慎重に行うべきだと思いますが、NEMの購入をお考えの方はZaif(ザイフ)で、少額からでも始めてみてはいかがでしょうか?

無料登録はこちら → Zaifのサイトへ

NEMやモナコインを入手するなら、手数料の安いZaif取引所