仮想通貨取引は分散型(DEX)へと移行する?

中央集権型取引所と分散型取引所

今回ハッキング被害にあったCoincheck(コインチェック)や、国内取引所のBitflyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)は中央集権型の取引所と呼ばれています。

一方で仮想通貨取引においては、分散型(Decentralized Exchange)と呼ばれる取引所形態もあり、ハッキング問題を機に改めて分散型取引所が注目を集めています。

そこで、中央集権型取引所と分散型取引所(DEX)の違いについて紹介してみたいと思います。

 

中央集権型取引所

中央集権型取引所には運営主体が存在します。
例えば、コインチェックの場合は、その全ての運営責任をコインチェック株式会社が負っています。
取引や送金におけるトラブル対応などは、運営会社が責任を持って行っており、仮想通貨取引の経験が少ない利用者にとっては安心できる環境と言えるでしょう。

現状、仮想通貨取引所のほとんどは中央集権型の形態を取っていますが、以下のようなデメリットもあります。

1.  ハッキングリスク
取引所がハッキングの被害に遭った場合、利用者が取引所に預けていた仮想通貨がまるごと盗まれる恐れがあります。
今回のコインチェックだけでなく、過去に取引所がハッキングされて利用者の通貨が盗まれた例はいくつかあります。

2.  個人情報
中央集権型取引所では個人情報を取引所側に提供することになります。個人の取引情報は全て、取引所側に管理されることになります。

3.  カウンターパーティリスク
運営側のサーバーがダウン(あるいはメンテナンス)などすれば、一時的に取引ができなくなることもあります。
また、仮に運営会社が倒産することにでもなれば、資産を無事に取り戻せるという保証はありません。

 

分散型取引所

上述の中央集権型取引所の問題点を解決できるのが分散型取引所(DEX)となります。

分散型取引所(DEX)では運営主体が存在せず、イーサリアムなどのブロックチェーンプラットフォームを利用して個人対個人(P2P)で取引が行われ、24時間365日利用が可能です。
保有する仮想通貨の秘密鍵は自らの管理下に置くことができるため、ハッキングされる心配もありません。
また、運営主体が存在しないので個人情報を知らせる必要もなく、もちろんカウンターパーティーリスクもありません。

と、良いことづくめの分散型取引所ですが、いくつか課題・問題点は存在します。

1.  サポートが無い
運営主体がないため、トラブル時の対応窓口といったものはありません。誤発注や秘密鍵の紛失等はすべて自己責任となりますので、自分で厳しく管理する必要があります。

2.  手数料
基本的に全ての行為に対して手数料が発生します。
中央集権型の取引所であれば、変更やキャンセルのオーダーには手数料は発生しませんが、分散型では全ての行為に対して手数料が発生します。
(これは毎回ブロックチェーンに情報を記録するために必要な手数料です)

3.  流動性が低い
分散型取引所はまだ認知度が低く利用者が少ないため、流動性が低くなり、取引価格が不安定になることがあります。

 

分散型取引所(DEX)プラットフォーム3選

実際に分散型取引所を運営しているプラットフォームとしては、以下のような所があります。

1.  EtherDelta(イーサデルタ)

EtherDeltaはイーサリアムブロックチェーン上に存在する分散型取引所で、イーサリアムトークンの取引に特化しています。
コントラクトを利用してオンチェーンで取引を行うことで非常に高い安全性を担保していますが、すべての行為(変更やキャンセルなど)に対して手数料がかかります。

ICO直後で他の取引所に上場前の新規イーサリアムトークンが多く上場しているのも魅力です。

 

2.  Waves Lite Client(ウェーブスライトクライアント)

Waves Lite Clientは、Wavesプラットフォームの分散型取引所です。
ウォレットの中に分散型取引所(DEX)が備わった形になっており、利用者はウォレットをダウンロードするだけで簡単に使用することができます。
Wavesが注目されているのは、米ドルやユーロなどの法定通貨とも取引が可能な点です。

 

3.  Kyber Network(カイバーネットワーク)

KyberNetworkは、イーサリアム・ブロックチェーン上で仮想通貨の即時取引システムを提供する分散型取引所です。
トラストレス(信頼性のある第三者が不要)、分散型、即時取引や高い流動性など、従来の問題点を解決する取引所を目指しています。
また、注文を入れ直す(指値変更など)たびに必要だった手数料を不要とする等、取引コスト低減に力を入れていおり、いま最も注目されている分散型取引所です。

 

分散型取引所の今後

今回のコインチェックのハッキング被害で、中央集権型の取引所への信頼が揺らぐ中、分散型取引所(DEX)へ関心はさらに高まっていくものと思われます。

分散型取引所には課題がいくつかありますが、これから分散型取引所が投資家に広く浸透し、利用者が増えていくことで改善していくことになるでしょう。

また、Kyber Netwrokのように自社トークンICOを実施している取引所もあり、人気の取引所はそのトークンも上昇してくるものと考えられます。今のうちに取引所トークンへ投資しておくのも面白いかもしれません。

 

分散型取引所は日本語対応がなく中級者向けとなりますので、仮想通貨取引が初めての場合は、まず国内取引所での口座開設から始めてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨の口座開設はビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ

仮想通貨取引量で日本最大のビットフライヤー