ビットコイン、1700万枚まで採掘完了!?

総発行数の80%が採掘される

ビットコインの発行上限は2100万枚とされていますが、4月26日に1700枚目の採掘(マイニング)が行われました。
総発行数の4.7%に相当する98万枚は、サトシ・ナカモトに帰属するとされているため、残りの2002万枚のうちの80%に達したことになります。

 

ビットコインは今が買い時か!?

ちょうど同じタイミングでビットコイン価格も100万円の大台を回復し、ゴールデンウィークにも再度仮想通貨に資金が流入してくるのではないか?と言われています。

米国の投資家であるアンセル・リンドナー氏は、「今年中にビットコインの価格は1万9千ドルを超えてくる」と強気の予想をしていて、
さらに元投資銀行家のブラドン・ウィリアムズ氏も「ビットコインの供給量に上限があることで、機関投資家からの需要が高まり、ビットコインの価格は上昇を続けるだろう」との見解を示しています。

さらに、ロイターの調査では約20%の金融関連企業が今後1年以内に仮想通貨の取引を開始するかを検討をしていることが判明していて、仮想通貨の市場規模は順調に拡大を続けると見られています。

日本においても、大手企業による仮想通貨取引所の開設が進むことやコインチェックの再開が期待できることから、ビットコインあるいは、有力アルトコイン(ビットコインキャッシュ 、イーサリアムなど)については、まさに「今が買い時!」なのかもしれません。

 

仮想通貨取引を始めるなら、ビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ

仮想通貨取引量で日本最大のビットフライヤー