ビットコイン、下落相場でトレードするには?

仮想通貨相場は下落時に大きく動く

昨年までの一方的な上昇相場が嘘のように、2018年に入ってからのビットコインは一進一退の状況が続いています。ただ、決して下がり続けている状況ではなく、良い材料が出て価格が上昇し、しばらくして悪材料が出て冷や水を浴びせられる、といった展開が続いています。

このような相場状況でも、タイミングよく売り買いをすることで資産を増大させていくことは可能です。
しかしながら、日本国内で仮想通貨トレードする場合、買い(保有)から入るのが一般的だったため、下落相場では指をくわえてみているしかありませんでした。
そして為替取引、株取引の場合でも一般的に下落の時の方が大きく価格が動きますが、ビットコイン、仮想通貨の相場でもそれは顕著に見られています。

 

GMOコインでショート取引

外国為替取引(FX)の場合は、通貨を保有していなくてもドル売り(ショート)のような取引が可能ですが、それと同じ感覚でビットコインを取引できるのがGMOコインです。

ビットフライヤーなど他の取引所でも、ビットコイン信用取引などで似たような取引が可能なところもありますが、システムが複雑で初心者には少しハードルが高いものです。
その点、GMOコインの「ビットレ君」は、外国為替FX用のプログラムをベースに開発されており、FXトレーダーにとっても馴染みのあるプラットフォームであるため、非常に扱いやすいシステムとなっています。

 

スプレッドは大丈夫なのか?

そして取引をしていく上で重要なのは「スプレッド」がどれぐらい開くか?です。
GMOコインは、当初「300円固定スプレッド」のキャンペーンでサービスを開始しました。
その後、20万円程度だったビットコインの価格は一時200万円超まで高騰し、GMOコイン側もサービス内容を変更しスプレッドも若干広げてきています。
現在ではだいたい「1000円~1500円」程度で落ち着いています。

もちろん、相場変動時には3000円ぐらいまで広がりますが、それでも以前のように5万円もスプレッドが広がるようなことは無くなったので、安心してトレードできるようになったと言えるでしょう。

また、レバレッジ(信用倍率)を10倍まで効かせてトレードすることも可能で、資金に余裕が無い人でも10万円ほど証拠金で100万円相当のビットコイン1単位を取引することができます。
もちろん、取引は0.01ビットコインから可能ですので、その場合に必要となる証拠金は1000円程度です。

仮想通貨相場は、外国為替に比べると一方向に動きやすいので、その分トレードの難易度は為替トレードよりは低いと考えられます。
GMOコインをうまく活用していけば、仮想通貨投資において「買い」でも「売り」でも利益を出せるようになるのではないでしょうか?

 

無料登録はこちら → GMOコイン

GMOコイン