BANKERA(バンクエラ)、HitBTC上場でどうなる?

2月28日まで半年間に渡ってICOが実施されていたリトアニアのプロジェクト・BANKERA(バンクエラ)は、最終的に162億円(歴代4位)の巨額資金調達に成功しました。

そのBANKERAが発行するBANKERAトークン(BNK)が、6月4日に取引所HitBTCに上場予定となっています。
仮想通貨・SPINDLEは上場後に大暴落してしまいましたが、BANKERAはSPINDLEとは異なり、プロジェクト実現に真摯に取り組んでいる動きが確認できるため、その値動きに注目したいところです。

 

BANKERAとは?

BANKERA(バンクエラ)は、無駄の多い既存の銀行業務をブロックチェーン技術を取り入れて効率化し、仮想通貨時代の新しい銀行を目指しているプロジェクトです。

BANKERAは既存の銀行が担っている通貨両替、決済代行、預金、ローン、投資信託、デビットカードなどの役割を、ブロックチェーン技術を活用することで効率化し、安価に短時間で提供することを目的としています。

また、ICO期間中にはバヌアツの銀行(Pacific Private Bank)を買収し、実在する銀行を既に手に入れています。

 

HitBTC上場でどうなる?

BANKERAはICOで162億円を調達しましたが、一方で売れ残りもあり、それがICO参加者に無償配布(1.3倍分)されていることを考えると、上場時には大きな売り圧力となることが予想されます。

ただ、HitBTCへの上場後には、BANKERAの独自取引所も開設され、その取引所での交換通貨としてBNKが使用される予定であることを考えると、HitBTC上場後に大きく下げるようであれば、そこは買い場と考えても良さそうです。

BANKERA(バンクエラ)はプロジェクト将来性が明確になっており、プロジェクトが順調に進んでいくことで、BNK価格は上昇していくものと考えられます。

 

BNKを上場時にすぐ購入できるように準備しておきたい方は、予めHitBTCで口座開設されておくことをお勧めします。

HitBTCの無料登録はこちら → HitBTCのサイトへ
HitBTCの口座開設に関する詳しい説明はこちら

 

仮想通貨取引が初めての方は、まず国内取引所での口座開設から始めてみてはいかがでしょうか?
仮想通貨の口座開設はビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ

仮想通貨取引量で日本最大のビットフライヤー