進撃のビットコイン Season2始まる!?

決戦は8月10日!?

長らく眠りについていたビットコイン、仮想通貨が再び上昇の動きを見せ始めています。
先週まで1BTC=70万円前後だったものが、90万円を突破し100万円の大台も視野に入ってきました。

今まで売りに回っていたと思われる機関投資家筋が買いに転じた可能性が高く、この動きは更なる大きなニュースの前の初動とも考えられます。

その大きなニュースとして期待されているのが、米証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認するかどうかの決定です。
CBOEによるETF申請の日付が6月26日であることから、その45日後の8月10日に結果が発表されるのではないかとの見方が強まっています。

ビットコインのETF承認自体はさほど新しい話ではありませんが、機関投資家筋の仕掛け材料としてのインパクトはあり、一斉に買いに転じる可能性も否定できません。
ETFの承認によって仮想通貨投資の裾野が広がることは間違いなく、ヘッジファンドなどの投資家は、そうしたトレンド変化のタイミングを逃さないでしょう。

コインチェック事件以降、日本の仮想通貨界は少し元気がない状態が続いていましたが、再度ブレイクする日も近いのかもしれません。